メニュー

胃カメラ

胃カメラ(上部消化管内視鏡)検査では、食道、胃、十二指腸の内腔を観察します。潰瘍(食道潰瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍)や炎症(逆流性食道炎、胃炎)、腫瘍、がん(食道がん、胃がん)、ポリープなどを診断します。必要に応じて検査時に生検(組織検査)を行うこともできます。そしてがんであるかないか、ピロリ菌がいるかいないかなども調べることもできます。

~胃カメラ検査を積極的に受けていただきたい方~

  • 食道、胃、上腹部の症状がある
  • 体重減少、食欲不振・貧血など
  • 胃がんの治療後(内視鏡切除、外科手術...)
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、または潰瘍の瘢痕(傷あと)と言われたことがある
  • ピロリ菌がいる(感染している)、ピロリ菌の検査が陽性だった
  • ピロリ菌がいたが除菌した
  • 健診バリウムや胃カメラ検査にて胃炎と言われたことがある
  • 食道や胃・十二指腸の粘膜下腫瘍などを指摘されている
  • 血縁者に胃がん、食道がんのいる方
  • 親のどちらかがピロリ菌陽性
  • 喫煙・飲酒が多い(食道がんの高リスクです)

〜胃カメラでわかる病気〜

胃カメラでは、食道・胃・十二指腸の粘膜を直接観察できるため、幅広い上部消化器疾患の診断に有効です。

  • 食道癌、逆流性食道炎、食道静脈瘤
  • 胃癌、胃潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、
  • 十二指腸癌、十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープなど

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME