メニュー

大腸カメラ

最近の日本人がん死亡者の原因として、大腸がんが急増しています。大腸がんの多くは、「腺腫(せんしゅ)」というタイプのポリープが大きく成長してがんに変化していくことが知られています。当院では、肛門からスコープを挿入して、大腸の内腔を観察します。必要に応じて生検(組織検査)を行うこともできます。同意が得られ、抗血栓薬服用のない方では、内視鏡検査時にポリープを見つけた場合、大きさ・形・模様などから切除の要否を判定してのち、ポリープは切除術を行います(大腸ポリープ切除術)。ポリープ切除はポリペクトミーという安全性の高い方法を第一選択としています。大きめのポリープなどが発見され、病院での診療が必要と判断した場合には、ご希望の病院へご紹介致します。当院では最新のハイビジョン内視鏡を用い精度の高い内視鏡検査・治療を行います。

~大腸内視鏡を積極的に受けていただきたい方~

  • 健診・検診にて便潜血反応陽性だった(2日法にて1回でも陽性の場合、便の再検査は科学的に意義なく、大腸内視鏡を受けるのが最も適した選択です)
  • 以前に大腸がんの治療(内視鏡切除、外科手術)を受けた
  • 以前に大腸ポリープを指摘された、切除した
  • お腹のしこりに気が付いた
  • 腹痛、下痢、便秘。特に最近それらの症状がある
  • 血縁者に大腸がん
  • 血便がある、痔の症状がある(痔と考えて安易に放置するとポリープやがんが進行してしまう事も経験されます)

〜大腸カメラで発見される病気について〜

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎)
  • 大腸憩室症(腸管内壁の一部がくぼみになった状態)
  • 虚血性腸炎(大腸の血流障害が大腸粘膜に炎症や潰瘍を起こし、腹痛や下痢、下血といった症状が突然現れる疾患)
    など

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME