メニュー

肝臓疾患

◆あなたの肝臓は大丈夫?◆

肝臓はよく『沈黙の臓器』と呼ばれます。なぜこう呼ばれるのかと言いますと、肝臓には痛みと感じる知覚神経がなくまた肝臓には再生する能力を持っていますので、よほど病状が進んで肝臓の破壊が進まないと症状が出ないのです。自覚症状がないままに少しずつ静かに症状が進み、気付いたときには重症化していることも少なくありません。普段は気にしないでやり過ごすことが多いでしょうが、疲れやすい、だるいと感じる、食欲がないなど何気ない症状がおさまらない場合は、肝臓が悲鳴をあげているかもしれませんので、注意が必要です。

 

◆肝臓専門医による診療◆

慢性肝炎と診断されている方

健診や病院で肝機能異常といわれた方

倦怠感やむくみなどで肝臓に心配のある方、

何でもご相談ください。

当院では肝臓学会専門医として診察致します。肝機能障害の原因は様々です。ウイルス性肝炎、自己免疫性肝炎、アルコール性肝炎、薬剤性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、脂肪肝、最近では非アルコール性脂性肝疾患(NAFLD)など新しい疾患も増加しています。

 

◆B・C型肝炎の治療を長期にサポート◆

またC型肝炎B型肝炎などのウイルス性肝炎に対しては、インターフェロンやインターフェロンフリー経口剤、核酸アナログ製剤による治療を行い、肝硬変への進行阻止、肝臓がん発生の予防に取り組みます。当院では、最新の超音波診断装置を駆使した肝がんのスクリーニング検査など、専門性の高い検査ならびに治療を提供します。

>C型肝炎検査

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME