メニュー

大腸カメラ

51130.白衣二人,全身〜受けて頂きたい方〜

~松の木3丁目クリニック~

<大腸カメラの“8つの特徴”

われわれは患者様に大腸内視鏡を安心して受けて頂くことを

大切に考えております。

 

特徴1. 内視鏡検査・手術は全例、消化器専門の医師が担当いたします

大腸内視鏡検査は医師の技量により精度に大きな差が出ます。当院では消化器専門の医師が全ての検査・手術を担当致します。精度の高いやさしい内視鏡検査をお約束致します。→当院の大腸腺腫の発見率は全大腸内視鏡検査の40%以上と非常に高率です。腺腫の発見率が高い医師ほど、大腸がんの見逃しが少ないということが証明されています。

  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

>医師紹介

特徴2.鎮静剤を併用することで苦痛のない検査を希望する患者様も多く来院されています

勿論、鎮静剤は保険診療(3割負担で500円弱)で受けることができますが、患者様のご希望により使用も可能です。熟練した技術と丁寧な内視鏡操作に加え、個々人に合わせた最適な量の鎮静剤を併用することで、限りなく苦痛の少ない検査を提供いたします。*鎮静剤使用の場合、検査終了後は休憩室にて30分~1時間程お休みいただきます。

特徴3.炭酸ガス(CO2)送気装置を使用しています

炭酸ガス(CO2)は空気に比べ、極めて生体吸収性に優れているため、従来の内視鏡検査後にみられた「お腹の張り」や「不快感」などの苦痛の軽減を可能としました。

<炭酸ガス(CO2)送気装置>

<炭酸ガス(CO2)送気装置>

特徴4.徹底した衛生管理を行っています

内視鏡および内視鏡所機器の洗浄・消毒は、学会が定めるガイドラインを遵守し、確実に実施しています。ディスポーザブル製品もご用意し、安心して検査を受けていただけるよう努めております。

<内視鏡洗浄消毒装置>

<内視鏡洗浄消毒装置>

<超音波洗浄器>

<超音波洗浄器>

<高圧蒸気滅菌器>

<高圧蒸気滅菌器>

特徴5.富士フィルム社製内視鏡機器を使用しております

2017年5月に発売された富士フィルム社の最新および最上位の内視鏡システム(LASEREO 7000システム)、経鼻内視鏡(EG-L580NW7)、大腸内視鏡(EC-L600ZP7)を採用。当院では、この最新鋭の新技術により、小さな病変でも見落とさず発見し、さらなる診断能の向上と、早期発見・早期治療の可能性を追求します。

>医療機器紹介

特徴6.日帰り大腸ポリープ手術(ポリペクトミー/EMR)をうけて頂くことができます

経験豊富な専門医による日帰り手術を積極的に行っています。内視鏡検査中にポリープ切除をその場で行いますので、診断から治療までが一連の流れの中で行われ、経済的・身体的・時間的負担が軽減されます。

〜当院で行っている主な手術〜

  • 大腸ポリープ切除手術
  • 大腸粘膜切除手術
  • 早期大腸癌切除手術

→入院が必要と判断した場合には病院を紹介しております。

>日帰り大腸ポリープ切除術

特徴7.胃カメラも同じ日に受けて頂くことができます

胃カメラ(経鼻内視鏡)やエコー検査(腹部、頚動脈、甲状腺)、人間ドック、健康診断も同日に行っております。検査の必要性がある場合は保険適用となります。ピロリ菌の検査・除菌(二次除菌・三次除菌も)を行っております。

>胃カメラ

特徴8.通常の胃腸科・内科診療も行なっております

内視鏡だけでなく、通常の外来診療も行なっております。腹部症状を中心とする胃腸科診療のほか、高血圧、高脂血症などの定期的な内科診療を行っております。

 

<大腸カメラ検査の流れ・料金>

査前日〜当日

検査しやすいように前もって腸内をきれいにして、検査となります。腸の中をきれいにする目的で下剤を飲んでもらいます(飲み方については前もってご説明致します)。

検査中

  1. 診察台に横になります。
  2. 肛門に麻酔のゼリーを塗ります。
  3. 内視鏡を挿入します。
  4. 医師が腸内を隅々まで観察します。
  5. 検査の所要時間は数十分が目安です。

※検査中は身体の力を抜いて、リラックスすることを心がけてください。
※大腸をしっかり観察するために、お身体の向きを横向きから仰向きに変えていただく場合もあります。医師がご説明しながら指示させていただきます。

検査時間

検査は10~30分程度です(個人差があります)。検査中は空気でお腹が張りますが、検査後数時間でもとに戻りますので心配はありません。検査後は休憩室で30分ほど休んでから帰宅していただきます。

もし病変がある場合には必要に応じて組織を採取する生検を行ないます。切除したら、その後1~2週間生活の中で気をつけることがありますのでご承知おきください。

  • 飲酒
  • 力仕事(腹圧がかかる動作)
  • 激しい運動(ゴルフも含まれます)
  • 長時間の車の運転
  • 飛行機などを利用した旅行
  • 浴槽につかる長時間の入浴(シャワーは可能です)
  • 食事制限・・・処置した当日は柔らかく消化の良いものを食べ、徐々に普通の食事に戻していきます。

検査料金の目安

保険診療

1割負担

3割負担

大腸内視鏡(観察のみ)

約2,500円

約7,500円

大腸内視鏡+病理組織検査

3,000〜5,000円

10,000〜16,000円

大腸内視鏡ポリープ手術

7,000〜10,000円

20,000〜30,000円

上記金額は、内視鏡検査・治療のみの金額です。

あくまで概算の金額であり、使用する薬剤等により金額が前後することがございます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME